学生ローンの審査と基準を考える

審査のポイントとして、学生ローンではどういったところに重点をおいて見ているのか?
この点については気になる人も多いのではないだろうか?
この点については、学生ローン各社様々で、重要なポイントはそれぞれ異なる点も多いと思うが、一般論として可能な限り解説したいと思う。

Point-1
自分勝手な解釈はしないこと。
「他で借り入れがない」とか、「友人は借りられたのに」などは、自分勝手な言い分である。
学生ローンのみならず、消費者金融では審査があり、それぞれ審査基準があるものだ。
それに対してクレームをつける事はナンセンスであり、社会のルールを冒涜する行為に等しい。
赤信号を何でわたったらいけないんだ!!とクレームをつけているようなものである。
このような行為は、その行為そのものが審査に悪影響を与えることも覚えておこう。

Point2
他社の借り入れは正直に申告する事
学生ローンは信用情報機関に加盟しており、他社の借り入れ状況等は容易に把握している。
しかし、念のため自己申告による聞き取り調査も実施しており、他社借り入れがあるとついウソをついてしまいがちだが、これはかえって信用を失いかねない行為なのでやめておこう。
正直に申告した方が、少なくとも「ウソはつかない人だ」という評価をされ、審査にはプラス材料になる。

Point3
申し込みの際み、返済方法等を詳しく聞く姿勢を見せる。
これは結構じゅうようなようそなのだが、最初に返済方法等を積極的に質問する姿勢は大事だ。
なぜならば、「この人は返済をちゃんとやるつもりなんだな」という意思がハッキリト伝わるからである。
こういう姿勢は、審査の際に好印象を与えるという事は覚えておこう。

Point4
使用目的をハッキリと明確にすること
学生ローンの利用者の中には、マルチ商法などの儲け話に使う目的で借りに行く学生が結構多くいる。
学生のネットワークビジネス被害はとどまるところを知らず、しゃきあ問題となっているのが現状だ。
学生ローンではこうした事態を受け、特に使用目的には敏感になっているのだ。
こうした事情もあり、マルチ商法等が疑わしいと判断された場合、大きく限度額を下げられるか、もしくは最悪の場合、断られる危険もある。
ではどうしたら良いかだが、本当に旅行や生活費など、健全な目的に使うのであれば、それを証明できる何かを持参し、提示することだ。
そうする事によって、学生ローンも安心して融資を実行できるというものだ。
他にも、アパートの家賃の支払いであれば、それを証明する請求書などあればベストだ。
使用目的を証明する書類は、学生ローンにとっても融資実行の大義名分であり、場合によっては金利や利用限度額で優遇される「目的ローン」の適用も受けられる可能性がある。

Point5
これもトップページで紹介した事だが、収入証明がある場合は持参するようにしよう。
収入証明は総量規制を確実に厳守する為には最高の書面であり、利用限度額を増やす最強の武器にもなる。
出せるものは出すようにした方が良いだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA